ドラマ

彼女はキレイだった第5話「宗介」が落ちた滑り台はどこ?あらすじやネタバレ感想をご紹介!

kanojohakireidatta-netabare-kansou

「彼女はキレイだった」第5話では、だんだん編集部に慣れてきた愛(小芝風花さん)。しかし愛はあるミスをしてしまい、とんでもないことになってしまいます。

それが原因でツンデレの宗介(中島健人さん)は愛を尾行。

ちょっとドジな宗介に笑ってしまう「彼女はキレイだった」第5話のあらすじネタバレ感想や、宗介が尾行のときに落ちた滑り台の場所はどこなのかご紹介いたします!

彼女はキレイだったキャスト
  • 長谷部宗介♡中島健人
  • 佐藤愛♡小芝風花
  • 樋口拓也♡赤楚衛二
  • 桐山梨沙♡佐久間由衣
  • 岡島唯子♡片瀬那奈
  • 里中純一♡高橋優斗
  • 須田絵里花♡宇垣美里
  • 池沢蘭子♡LiLiCo

彼女はキレイだった第5話あらすじ

愛(小芝風花)のアイディアが採用された特集記事『手紙が書きたくなる一人旅』の掲載誌が完成した。届いた見本誌には、スタッフの一人として愛の名前も載っていて、愛は初めて編集部の一員として認められたような気がして、うれしくてたまらない。しかし喜んだのもつかの間、『ザ・モスト』はライバル誌に売上で大きく水をあけられ、立て直しを任された宗介(中島健人)は窮地に立たされる。一方、出張がきっかけで愛と宗介の距離が縮まったことに気をもむ樋口(赤楚衛二)は、愛のある決意を知り、梨沙(佐久間由衣)に自分が愛と宗介の同僚であることを明かす。そして、親友を傷つけないためにも、宗介と会っていることを今のうちに愛に打ち明けるべきだとアドバイスする。そんなある日、宗介が起死回生を狙う、イタリアの超有名デザイナーとのコラボ企画の撮影が行われる。決してミスが許されない現場で、撮影の目玉であるオートクチュールのドレスの管理を任された愛。ところが…フジテレビ公式サイト

彼女はキレイだった第5話ネタバレ感想

愛(小芝風花さん)のアイデア「手紙が書きたくなる一人旅」が採用されて喜んでいたのも束の間…

またまた大きなミスをしてしまった愛ちゃん。

宗介からドレスを見ておけと頼まれたのに、なぜだか愛に車の移動を頼むガードマン。

さらに大量の荷物を持ってる里中(高橋優斗さん)はすんなり愛に車のカギを渡してしまいます。

この段階で嫌な予感はプンプンしていましたよね。

ほんの数分の出来事であんなにドレスがボロボロになるとは…

愛はその責任をなぜだか負わされて、ザ・モストを辞めてしまいます。

でも、そもそもあんなにドレスをビリビリにしたのはイタリアのスタッフ。

愛が責任を負うことはなかったのに。

それとあのイタリアの超有名デザイナーとらしきの妻、ムカつくんですけど。

せっかく里中が買ってきた水投げ飛ばすし。

さすがにツンデレの宗介もかわいそうだと思ったのか、編集部を去ってしまった愛のプライベートを尾行してました。

その尾行が下手過ぎてすぐに見つかるとこが宗介かわいいww

そこからラストまでの展開がおもしろい!

生まれ変わった愛がどんな活躍をしていくのか楽しみです。

彼女はキレイだった第5話宗介が落ちた滑り台はどこ?

宗介(中島健人さん)のへたくそな尾行で、頭から滑り落ちたすべり台。すごくかわいい滑り台でしたね。

そして宗介もかわいいww

公園はかなり広そうで、ピクニックにもよさそうな場所。

どこの公園なのか、その滑り台はどれなのか調べてみたところ、北区王子にある飛鳥山公園であることがわかりました。

【飛鳥山公園】

東京都北区王子1丁目1番

【宗介が頭から滑り降りたスベリ台】

大人でも楽しめそうじゃないですか?

この飛鳥山公園は日本で最初に公園と指定されたとか。また、1720年吉宗により飛鳥山に1270本の桜が植えられたそうです。

庶民にも開放された飛鳥山公園は、春になるとお花見の名所としてもとても有名な場所。

もちろん春だけではなく、周囲には様々な植物があり、四季折々楽しめる素敵な公園です。

ロケ地巡りはとても楽しいですよ。いろいろ落ち着いたらぜひ行ってみてくださいね。

彼女はキレイだった第5話まとめ

第5話のラストに、愛ちゃんの変貌ぶりがすごかったです!

思わず「かわいい~」と声が漏れてしまいました。

編集部に戻って来た愛ちゃん。

今後、宗介に「佐藤愛」であることをしっかり伝えることができるのか楽しみです!!